プロフィール画像 the latest //  love
#type!
中庸
往く
待っている


author 4'33 [write]

love


奈良へ
法隆寺は格別で、凸版工事をしていても尊厳は損なわない
持っているエネルギー量と奥行きがそう思わせているのでしょうが
充電したエネルギーをイーサネットで供給してもらえると助かるなぁ
などと思考はここにあらずとなる一人旅
そこに愛はあるか、その人を家族に置き換えてみてみる
そんな視点で人を見ていくと面白いことを発見した
面白い
スポンサーサイト

2017.07.25(Tue)





/