プロフィール画像 the latest //  love
#type!
中庸
往く
待っている


author 4'33 [write]

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)



晴豆



時の流れを痛切に感じる


ーそれがし、そなたの様な美しいおなごには会うた事が無い
ーあら、お恥ずかしゅう
ーそれがしの嫁になってはくれんかの
ーあたい、江戸に行かんといけんとです
ー併し、
ーそれが人の世の運命めでありんす


晴れたら空に豆まいて

とてつもなく美味いカレーに出会ったその日に
そのカレーを作っていた帽子の人が辞めてしまう
という事実に直面したときに
「私たち、出会わなければ良かったのに」的な
とてもやりきーれなーい想いを噛み締めた
のでありました
しかし、図々しくも贅沢な時間を頂きました

タテさんには
ふと遠くを見つめる 犬や猫の凛とした佇まいを思わされます
仏の道を行く方々を惹き付けるも納得です
学ばされます



兎に角も 鴉霞

「ディランは、
 神だぁぁぁぁぁ!!」


神はあなたです
なんだかんだで私も茶番が好きです

スポンサーサイト

2009.07.31(Fri)





/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。