プロフィール画像 the latest //  love
#type!
中庸
往く
待っている


author 4'33 [write]

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)



舞台



深淵で波立つ水面を眺める
足をとられないように
少しずつ磨り減りながら

ただそこに在る桜の下で
幻影と踊り幻想を見る

かなしいかな
やはりはらはへる
あなあさましや


かねてから念願の
舞台を観に行きました
やはり生が良い
やはり生が良い
ヒリヒリする空気振動
役者の作る空気感 世界観
あるかなきかの一瞬の素

今回は「鴉霞(からすか)」という劇団の
『幻影の朧桜-名探偵吾妻京四郎の事件簿-』
という推理サスペンスでした
主宰・脚本・演出は江戸川崇さんという方 
感服

これはクセになる
次回が楽しみだ




Edgar Allan Poe

スポンサーサイト

2008.04.19(Sat)





/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。